便利なレイクALSAのキャッシングは審査も緩い?

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合レイクALSAのサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はありません。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものとレイクALSAが提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

レイクALSAのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、レイクALSAの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、レイクALSAのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

レイクALSAのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

参照:レイクALSA自動審査のコツは?自動契約機で申し込み【借りやすさは?】

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

レイクALSAのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行とレイクALSAが大きく違う点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。